グループ展 『BARRACKOUT』

2016年12月9日~2017年1月8日

​江東区住吉旧松田邸(ゴミ屋敷)

バラックアウトは新芸術校2期受講生の秋山さんに誘われて参加したグループ展。江東区にあるゴミ屋敷が解体することになったので

その解体前の期間を使って展覧会をするという。ゴミ屋敷が舞台だなんて面白そうだと思ったし、大きな壁画を描くというのを1度やってみたかった。バラックアウト展の少し前に同じく解体前系の展覧会をチンポムがやっていてそれと比べられるくらい良い展示にしたいなと参加メンバーの皆と話をしていたことを思い出す。

ぼくたちは展覧会の前に家の中の大掃除から始めた。各部屋ごとに異臭がして(ガソリンのにおいとか生ごみのにおいとか)よく今まで事故・事件にならなかったなと思ったりもした。

《火柱》は「東京大空襲」の時にテーマに描きはじめたものの、サイズのデカさ(縦6m×横7m)と高所恐怖症により全然うまくいかない日が続いた。あと11月のくせに雪とか降ったりして寒くてやばかった。さらに制作途中でゴミ屋敷の住人であるおじさんと揉めたりしたこともあって(原因は僕にある)この壁画は「東京大空襲」だけを扱うのは違うなと思うようになった。そこで1度描きかけの絵をペンキと新聞で上塗りし、その上からこの家の中に溜まっていたあの「ゴミ」を描くことにした。そして空襲で死んだ人もゴミも一切合財を焼き立ちあがる火柱を描くことにした。

撮影:飯山征明

© 2013 by Yumisashi Kanji. All rights reserved